some cluster

08 mars 2008

myspace camp III

Beton_MG_0272

Beton_MG_02712

myspace

Posté par shinkw02 à 04:50 - Commentaires [0] - Permalien [#]


23 janvier 2008

table

table_01table_02table_03table_04

Posté par shinkw02 à 16:06 - Commentaires [0] - Permalien [#]

20 janvier 2008

pubsncf

Posté par shinkw02 à 00:13 - Commentaires [0] - Permalien [#]

27 septembre 2007

001-1-00-221505-6 VIETCOMBANK

shinki_00b3_75p

Posté par shinkw02 à 11:56 - Commentaires [0] - Permalien [#]

18 juillet 2007

pub

Posté par shinkw02 à 13:23 - Commentaires [0] - Permalien [#]

03 mai 2007

myspace camp

loading             

                

Cimg0349
Cimg0350Cimg0361

   next  textback

icon_friends





loading             

                

Cimg0008
Cimg0007

   next  textback

icon_friends

Posté par shinkw02 à 01:00 - Commentaires [0] - Permalien [#]

02 avril 2007

talkingsnote

artivi

contemporary art tv

http://www.arts.ac.uk/  http://www.lcc.arts.ac.uk/

centreimage

the competition is restricted to young artists

(no older than 35) and work produced in 2006-07.

Works entered in the competition must

not exceed 30 minutes in length.

___________________________________________

アーティスト
フォグレスで紹介したアーティストを中心に、気になる作家のサイトへのリンクを載せています。Reviewマークは、フォグレスで載せているレビューへのリンク。Diaryマークはフォグレス日誌へのリンクです。日誌の日付は()内に表示しています。(大部分が英語サイト、順不同)
 

Banksy (ストリート・アート) Diary (03/11/05, 03/09/29)
ギャラリーはお断り。道や塀がキャンバスという美術活動家バンクシーのサイト。テートに作品持って侵入したり、豚や牛に絵を描いたり、やる事なす事すべてが話題に。

 

Spencer Tunick (写真、パフォーマンス) Diary (03/05/08)
サーチ・ギャラリーの開館セレモニーで集団ヌードパフォーマンスを指揮したアメリカ人作家、スペンサー・チュニックのサイト。先月はNYのグランドセントラル駅構内でも行ったとのこと。

 

Damien Hirst (立体、絵画)ReviewDiary (03/08/27, 03/08/18, 03/04/16, 02/11/30)
皆さんもご存知、牛や鮫のホルマリン漬けで知られるデミアン・ハーストのサイト。

 

The Atlas Group (映像、平面)Review
ドクメンタ11、第50回ヴェニス・ビエンナーレと国際アートフェアで大活躍のアトラス・グループ。ロンドンでもバービカンセンターでの「Witness」展で紹介され話題になりました。

 

Lucy McKenzie (絵画、映像)
グラスゴー出身の彼女は注目の若手の一人。今年のヴェニス・ビエンナーレの会場を大胆にも「Mmm! Ahh! Ohh!」の三文字で飾りました。

 

Merlin Carpenter (絵画、ドローイング)
Frieze Art Fairで発表した「シリアルの箱」がひときわ目立っていたメルリン・カーペンターのサイト。

 

Yasushi Cho (ブック・アート) Diary (03/08/11、03/07/21)
長靖さんは出版名義「Laughter」のもと、これまでに沢山の手作り本を制作・発表してきたアーティスト。今年の夏にBookartbookshopで個展が開催されました。

 

Kyoko Kagata (インスタレーション、グラフィックデザイン) Diary (03/07/30、03/07/21)
今年の夏にThe Economist Plazaで個展を開いた加賀田恭子さんのサイト。本職はグラフィックデザイナーという彼女のインスタレーション「Infinity Wear」は、ファッションとビジュアルアートの中間を行くもの。

 

Motoi Yamamoto (インスタレーション、立体) Diary (03/08/11)
死をテーマに塩を用いた作品を発表している山本基さんのサイト。気が遠くなるほど細かい塩の迷路「迷宮」を、2003年8月にNunneryで発表。チベットの砂曼荼羅のようで素敵でした。

 

Satoru Tamura (立体、映像)
キネティックな立体や映像を発表しているタムラサトルさんのサイト。Chisenhale Galleryでのグループ展「I am a curator」(2003年11月)に出品。

 

David Hancock (絵画)
サブカルチャーにどっぷりつかった若者達を描くハンコックさんのサイト。彼の作品は超クールでダイナミック。L字型やコの字型に繋げたキャンバスに描いてしまうというところもちょっと面白い。

 
Josie McCoy (絵画)
イギリスのソープオペラに出演している女優さん達のポートレートを主に描いている作家のサイト。2001、2002年ともにBP Portrait Awardにノミネートされていて気になる作家の一人。
 

Daisuke Fujita (絵画、立体、インスタレーション)
東京で制作活動している藤田さんのサイト。幅広いメディアを使った作品がみれる他、制作の日々を綴った日記もあります。

 

Sylvia Edwards (絵画、リトグラフ)
友人宅に飾ってあった一枚の絵をきっかけに好きになった画家のサイト。誰の作品?って聞いてみたところ、ママよ、とおしゃれな返事。日本でも何度も個展をやっていたことを後で知りました。(2001,3,)

 

Graham Dolphin(平面、立体、フィルム、サウンド) Diary (02/11/07)
ファッション誌のカバーを題材にした作品を発表しているドルフィンさんのサイト。最近の話題はVogue誌の出版社Conde Nast社に作品の展示を拒まれたこと。詳細は日誌11月7日付けで。

 

Sonia Bruce (インスタレーション)Review
折り紙のような箱を床一面に並べたインスタレーション「bbb」が印象的だったソニアさんのサイト。(2001,3,)

 
Kaz (インスタレーション、映像、立体)Review
「Undertow」展(2002, 2-3)で、ライトを使った遊び心のあるインスタレーションを発表したKazさんのサイト。
 

Rieko Akatsuka (インスタレーション、立体)Review
同じく「Undertow」展に出展されたAkatsukaさんの作品がみれます。高層ビルの窓がウェブ化した作品はとても印象的でした。

 
Bill Viola (映像) Review
映像アートの巨匠ビル・ヴィオラを徹底して紹介しているサイト。1972から1996までの主な作品を写真と作家本人によるコメントで紹介。さらに浸りたい方にはSFMOMAのヴィオラのサイトもお勧めです。
 
Martin Parr (写真)
社会派ドキュメンタリー・フォトグラファーとして知られ、2002年春にバービカン・ギャラリーで回顧展が開催されたマーティン・パーのオフィシャル・サイト。
 
Fergus Greer (写真)
「Artist←→Model」展(ICA、2002, 7-9)で、今は亡きパフォーマンス・アーティストLeigh Boweryを撮った写真を披露した写真家のサイト。
 
Richard Karn (写真)
同じく「Artist←→Model」展で紹介された写真家のサイト。トレンド雑誌のほかポルノ雑誌のカメラマンとしても知られる。カーンのまったく違うタイプの写真は
こちらのサイトでみれます。
 
Rankin (写真)
スタイルマガジン「Dazed and Confused」を生みだしたフォトグラファー、ランキンのサイト。
 
Immo Klink (写真)Review
Dazed&Confusedなどヨーロッパのスタイル雑誌で広く活躍するロンドンベースの写真家のサイト。2001年春の「Strobe」展に出展。
 
Jem Southam (写真)Review
2001年のCitibank Private Bank Photography Prizeにノミネートされた写真家の作品がみれる。
 
David LaChapelle (写真)
ビビッドな色使いとシュールな演出が印象的な、売れっ子ファッションフォトグラファーのページ。2002年秋にBarbicanで個展開催。
 
Alison Jackson (写真)
有名人のそっくりさんを使って現実とフィクションの中間のような世界を創る作家のページ。
 
Micha Klein (CG)
オランダのCGアーティストでVJもしている。クラブシーン、SF映画、ゲームカルチャーがミックスした、かなりぶっ飛んだ作品を発表している。
 
Franko B (パフォーマンス)
去年Ikon Galleryで血みどろのパフォーマンスを披露したFranko Bのサイト。
 
アーティストグループ

Redundant Technology Initiative (デジタル、インターネットほか)Review
シェフィールドで活動するハイテク好きのアーティスト集団。古くなって捨てられたコンピュータを使って作品を制作している。2001年にテート・ブリテンの「Art and Money Online」展で発表。

 
Thomson&Craighead (インターネット、デジタルほか)Review
インターネットで見れるスクリーンベースの作品を発表している作家のサイト。テートの「Art and Money Online」展やバービカンの「Game On」展に出展。
 
Twenteenth Century(パフォーマンス、ビデオほか)
12人の作家からなるアーティスト集団のサイト。ロンドンのナショナルギャラリーでいきなり踊りだしてしまうパフォーマンスなど一風変わった作品を発表している。
 
The Danger Museum (キュレーション、インスタレーション)
移動式美術館なるものを企画発表し、世界の様々なアーティストを紹介しているアーティストグループ。ディレクター3人はロンドンのゴールドスミス・カレッジ出身。拠点はノルウェー、日本、シンガポールとグローバル。2002年9月にロンドンのinIVAに移動美術館出現!
 
展覧会&プロジェクトサイト
Black Shoals: Stocmarket Planetarium Review
テートの「Money Online」展で発表されたLisa AutogenaとJoshua Portwayのプロジェクトサイト。ロンドンの株式市場のデータをリアルタイムに取ってプラネタリウムとして表現したプロジェクトの企画・技術情報がみれる。
 

Undertow Review
ゴールドスミス・カレッジ卒業生5人によるグループ展のサイト。(2002, 2~3)

 

Free Range Diary (02/07/16)
この夏にTruman Breweryで催された、イギリスの美大卒業展のサイト。(2002, 7)

 
Xaoz Diary (02/07/16)
Bishopsgateのレール下のトンネルで開かれたグループ展のサイト。(2002, 7)
 

Here is New York Diary (02/09/11)
ワールド・トレード・センタービル崩壊現場をニューヨーク市民達が撮影した写真展「Here is New York」のサイト。被害者救済のためのチャリティー・ショーを、ニューヨーク、シカゴ、東京、デュッセルドルフ、チューリッヒなど世界各地で開催している団体。詳しくは日誌、2002年9月11日付けで。
___________________________________________

アート情報:ペーパー&ウェブ版系 (アルファベット順)
フォグレスの情報だけじゃ足りない!という方のために、イギリスのみならず世界各地の現代アートの情報が入手できる雑誌やウェブへのリンクを集めました。大部分が英語ですが、雑誌サイトでは写真を載せているところが多いのでかなり楽しめます。

 
展覧会&ギャラリー情報
 
artinliverpool.com (リヴァプール、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、英語)
リヴァプールのアート&展覧会情報サイト。運営者イアン・ジャクソンさんによる毎日更新のブログがお薦め。英語のみ。
 
リヴァプール・ゴールドフィッシュだより (リヴァプール、オープニングレポートなど、日本語)
英国リヴァプールの総合サイト『スカウス・ハウス』にて、特派員ウエダミナコさんが最新ホットニュースをレポート。
 
Scribble for myself ~ アート日和 (日本、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、日本語)
『Luca』以来のお付き合い。『Esquire』や『illustration』で執筆中のライター、松下幸子さんのアートブログ。
 
andrewlee.com.au (日本のアート&カルチャー、ニュースなど、英語)
日本の文化を欧米に紹介しているアンドリュー・リーさんのサイト。foglessのアート仲間であるアンドリューは、英『ファイナンシャル・タイムズ』紙や『i-D』などでも執筆。
 
ドイツアートニュース (ドイツ、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、日独二ヶ国語)
ドイツのエッジーなカルチャーを紹介している月刊ウェブマガジン。サイトのデザインもとてもエッジー。日・独二ヶ国語。
 
Shift Japan (グローバル、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、日英二ヶ国語)
アートからマルチメディアまでクリエイティブなカルチャー情報を日英二ヶ国語で発信しているオンラインマガジン。
 
new-york-art.com (アメリカ、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、日英二ヶ国語)
ニューヨーク発信のアート情報サイト。NYの主な展覧会のレビューはここで読めてしまうという有難いサイト。日英二カ国。
 
ART as 1 (アメリカ、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、日本語)
ロサンゼルスにある日系出版社、Japan Publicity, Inc. (ジャパン・パブリシティ株式会社) が運営するアート部門。レビュー、インタビューなどアート情報が満載。
 
parissmooz.com (パリ、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、日本語)
パリ発信の総合サイト『パリスムーズ』の1コーナー、「イベント情報のページ」。数少ないパリ展覧会情報サイトのひとつ。
 

Galleries(イギリス、ギャラリー、展覧会情報、英語)
イギリス全国の展覧会情報を載せたフリーペーパーGalleriesのサイト。掲載ギャラリー件数はおそらくダントツ。どちらかというと従来の「画廊系」ギャラリーが多く、カッティング・エッジ系のギャラリーは比較的に少ない。ペーバー版(A6、約80ページ)はギャラリーで手に入る。

 
New Exhibitions of Contemporary Art (イギリス、ギャラリー、展覧会情報、英語)
同じく展覧会情報がわかるフリーペーパーのサイト。コンテンポラリー色の強いギャラリーを主にリスト。ペーバー版(折りたたみマップ式)はギャラリーで手に入る。
 
Hidden Art.Com (イギリス、イベント情報、英語)
イギリスのデザイン系のイベント情報が充実したサイト。
 
Artupdate.com(イギリスとヨーロッパ、展覧会情報、英語)
展覧会情報を発行しているサイト。メルアドを登録しておくと、隔週ごとにオープニング情報をメールしてくれる。掲載も無料でできる。
 
Londonartwalk (ロンドン、ギャラリー、日本語)
ギャラリーからカフェまでロンドンのアート散策に役立つ情報を載せている日本語サイト。管理人はモモさん。
 
cakao (日本、英国、日英二ヶ国語)
日本文化を英語で、英国情報を日本語で発信しているサイト。現代アートについてのコラム「Art Weekly」が特にお勧め。
 
Artnet.com (グローバル、ギャラリー、オープニング情報、ニュースなど、英語)
世界のコンテンポラリー・アート情報を発信しているサイト。アート・マガジンのコーナーではニュースやレビューが見れる。
 
 

アート系雑誌のウェブサイト(英語のみ)

 

An Magazine (イギリス、月刊)
アーティスト向けの情報を載せている雑誌。ショップ、スタジオ、レジデンス、アワード情報などが充実。

 

Aperture(アメリカ、季刊)
創刊50年の歴史をもつアメリカの写真専門雑誌。

 

Art Forum (アメリカ、月刊)
NY,ロンドン、パリ、ベルリンなど世界の主要都市をカバーするインタナショナル志向の雑誌。

 

Art Monthly (イギリス、月刊)
ロンドンを中心に主に国内外をカバー。論点を踏まえたテキストは読みごたえ十分。

 

Art Newspaper (欧米、月刊)
欧米で発行されているアート業界専門紙。美術館事情、オークション、ディーラー情報などが充実。

 

Art Review (イギリス、月刊)
イギリスを中心に欧米の主要都市をカバー。写真が多くて読みやすい。ギャラリーガイド付き。

 

Contemporary (イギリス、月刊)
同じくイギリスを中心とする現代アート雑誌。2002年3月からCVAを改めContemporaryとなった。

 

Frieze (イギリス、月刊)
ビジュアルが麗しいインターナショナル志向の雑誌。建築、ファッション、デザイン、音楽などを盛り込んだクロス・ボーダー的編集。

 

Make (イギリス、季刊)
女性アーティストの活動と作品を主に紹介している雑誌。

 

Modern Painters  (イギリス、月刊)
絵画をメインに現代アートを紹介。イギリス中心でベテラン作家がよく取り上げられる。

 

Portfolio(イギリス、年2回)
イギリスのファインアート・フォトグラフィー専門雑誌。最先端、注目株のフォトグラファーを紹介している。

 

Raw Vision (イギリス、季刊)
フォーク・アートやアール・ブリュット系のアウトサイダー・アートを紹介。

 

Tate Magazine(イギリス、季刊)
テート・ギャラリーが会員向け発行する季刊誌。9月より方針がかわり、今までの会報誌的な編集から一般向けの編集へと路線変更。

 

デザイン系雑誌のウェブサイト(英語のみ)

 

CRAFT(イギリス、季刊)
クラフツ・カウンシル(Crafts Council)発行の季刊誌。トラディショナル・デザインから現在デザインまで広くカバーする専門誌。

 

Creative Review (イギリス、月刊)
デザイン、広告、写真、イラストなど様々なコミュニケーション・メディアをカバー。

 

Design Week(イギリス、週刊)
デザイン、広告、メディアなどの業界ニュースを扱う専門誌。

 

Eye(イギリス、季刊)
グラフィックデザインが主に扱う雑誌。

 

デザイン系ウェブサイト

 

Neon Sight Japan(日本および海外、日本語)
世界のクリエーターに向けて発信しているサイト。イベント、コンペ、仕事情報など国内外のデザイン情報を掲載。海外のサイトへのリンクも充実。

 
アート系サーチエンジンサイト(こちらは日本のサーチエンジンサイトになります)
 
アート番地
ファインアート、デザイン、アートショップ、美術館、評論サイトへのリンクを提供する美術専門サーチエンジン
 
Active Net R&M
スポーツ、娯楽から教育、地域情報まで幅広いエリアをカバーする総合リンクサイト&サーチエンジン。美術関係へのリンクも多数あり。
 
美術検索
美術館、大学&専門学校、画廊、アーティスト、美術団体への総合リンクサイト&サーチエンジン
 

美の探究
美術、ファッション、写真、音楽、建築など、「美」に関するサイトへのリンクを掲載

___________________________________________

_________________________________________

ロンドン
Birkbeck College, University of London 
Byam Shaw School of Art
Camberwell College of Arts, London Institute
Central Saint Martin's College of Art and Design, London Institute
Chelsea College of Art and Design, London Institute
City & Guilds of London Art School
City University, London
Courtauld Institute of Art, University of London 
East London, University of
Goldsmiths College, University of London
Heatherley School of Fine Art
Kingston University
London College of Fashion

London College of Music & Media

London College of Printing, London Institute
London Guildhall University
London Institute
Middlesex University
Ravensbourne College of Design & Communication
Royal Academy of Dramatic Art
Royal Academy Schools
Royal College of Art
Slade School of Fine Art, University College London
Sotheby's Institute of Art
South Bank University
Southwark College
University College London, University of London
Warburg Institute, University of London
Westminster, University of
Wimbledon School of Arts
ロンドン以外
Anglia Polytechnic University イングランド東部
Arts Institute at Bournemouth イングランド南西部
Barnet College イングランド東部
Basingstoke College of Technology イングランド南東部
Bath Spa University College イングランド南西部
Berkshire School of Art & Design イングランド南東部
Birmingham Institute of Art & Design ウェスト・ミッドランズ
Bournemouth University イングランド南西部
Brighton, University of イングランド南東部
Buckinghamshire Chilterns University College
Central Lancashire, University of イングランド北西部
Cleveland College of Art & Design イングランド北東部
Colchester Institute イングランド東部
Covertry Universtiy ウェスト・ミッドランズ
De Montfort University イースト・ミッドランズ
Derby, University of イースト・ミッドランズ
Dudley College ウェスト・ミッドランズ
Duncan of Jordanstone College of Art & Design スコットランド
Edinburgh College of Art スコットランド
Exeter School of Arts & Design, University of Plymouth イングランド南西部
Falmouth College of Arts イングランド南西部
Glasgow School of Art スコットランド
Gloucestershire, University of イングランド南西部
Gray's School of Art スコットランド
Herefordshire College of Art & Design イングランド東部
Hertfordshire, University of イングランド東部
Huddersfield, University of ヨークシャー・ハンバーサイド
Hull, University of ヨークシャー・ハンバーサイド
Kent Institute of Art & Design イングランド南東部
Kent, University of  イングランド南東部
Leeds College of Art & Design ヨークシャー・ハンバーサイド
Leicester, University of イースト・ミッドランズ
Lincoln, University of イースト・ミッドランズ
Liverpool School of Art & Design イングランド北西部
Loughborough University イースト・ミッドランズ
Manchester College of Arts & Technology イングランド北西部
Manchester Metropolitan University イングランド北西部
Napier University スコットランド
North Oxfordshire College イングランド南東部
North Wales School of Art & Design ウェールズ
Northbrook College イングランド南東部
Northumbria, University of イングランド北東部
Nottingham Trent School of Art & Design イースト・ミッドランズ
Norwich School of Art & Design イングランド東部
Oxford,University, Dept. of History of Art  イングランド南東部
Plymouth College of Art & Design イングランド南西部
Portsmouth, University of イングランド南東部
Reading College and School of Arts & Design イングランド南東部
Reading, University of  イングランド南東部
Robert Gordon University スコットランド
Royal Welsh College of Musin and Drama
Rose Bruford College イングランド南東部
Rycotewood College イングランド南東部
Ruskin School of Drawing and Fine Art , University of Oxford イングランド南東部
Salford, University of イングランド北西部
Sheffield Hallam University ヨークシャー・ハンバーサイド
Shrewsbury College of Arts & Technology ウェスト・ミッドランズ
Somerset College of Arts & Technology イングランド南西部
Southhampton Institute イングランド南東部
Southampton, University of  イングランド南東部
St. Andrews, University of スコットランド
Staffordshire University ウェスト・ミッドランズ
Sunderland, University of イングランド北東部
Surrey Institute of Art & Design, University College イングランド南東部
Sussex, University of イングランド南東部
Swansea Institute of Higher Education ウェールズ
Thurrock & Basildon College イングランド東部
Teeside, University of イングランド北東部
UCE Birmingham ウェスト・ミッドランズ
Ulster, University of , School of Art and Design 北アイルランド
Wales, University of, NewportCollege ウェールズ
Wales Institute Cardiff, University of ウェールズ
West England, University of イングランド南西部
Winchester School of Art イングランド南東部
Wolverhampton, University of ウェスト・ミッドランズ

___________________________________________

Access Art
教師、学生を対象とするオンライン・ワークショップ。ドローイング、彫刻、インスタレーション・アート、写真などの制作方法についてフラッシュ・アニメを使って解りやすく解説。非営利目的の団体The Arts Education Exchangeが運営。
 

Arts Catalyst: the science-art agency
アートと科学の架渡しをミッションとする団体。1993年の発足以来アーティストと科学者のコラボレーションを多数企画。ロンドンを事務所を構えるRegistered charity。

 

Artangel
アーティストと連携して優れたコミッション・ワークを生んできた団体。Rachel Whitereadの「House (1993)」 やMichael Landyの「Break Down (2001)」など、その企画は既成概念にとらわれず斬新。

 
Arts Council of England
芸術の維持、発展、振興をミッションとする民間非営利団体。政府やNational Lotteryからの公的資金を芸術機関や団体に振り分けるお役所的な役割を果たしている。サイトでは資金関連の情報が公開されています。
 
Artworks
美術教師と児童を対象とするアワード「National Children's Art Awards」の主催団体。教員向けの情報やアドバイスが充実。イギリス全国の美術館とギャラリー情報が入ったデータベースも便利。
 
British Council (Arts, Literature and Designのページ)
世界100ヶ国以上に支部をもつ英国の国際文化交流機関のサイト。Visual Artsのコーナーには、過去に催された展覧会のアーカイブや同団体が有するコレクション(7,500点以上)についてのデータベースなどがある。
 

24 Hour Museum
アートと文化遺産系の情報を扱うサイト。英国全国のメジャー系美術館での展覧会レビューのほか、アートサイトへのリンク、美術館関係者や教師向けの情報なども載せている。

 

Contemporary Art Society
作品の寄贈などを通じて現代アートの蒐集を推進する団体。アートフェア「ARTfutures」を毎年開催。

 

Crafts Council
Islingtonに展示スペースをもつ現代工芸を支援する機関のサイト。国内外でのクラフト関連のイベントやフェアに関する情報を載せている。

 

Government Art Collection
イギリス政府が所有する芸術品のデータベースにアクセスできる。所蔵品は16世紀から現在に至る4000点以上。

 

English Heritage
イギリスの史跡保護を目的とした民間非営利団体のサイト。ストーンヘンジやハドリアヌスの壁など同団体が管理する何百もの史跡のデータベースにアクセスできる。

 

Foundation for Art and Creative Technology (FACT)
リバプールにあるフィルム、ビデオ、デジタルメディア系のアートを支援する団体。過去のプロジェクトに関する情報が充実。

 

Images of England
国内の建物370,000件のイメージファイルを持つ公的イメージライブラリーのプロトタイプサイト。今年中に出来上がる予定のライブラリーは500人のボランティア・フォトグラファーによって撮られたものという。サイトはイングリッシュ・ヘリテージの公的ライブラリーNational Monuments Recordが運営。

 

inIVA (Institute of International Visual Arts)
Shoreditchに展示スペースと美術専門のライブラリをもつ研究機関のサイト。文化的多様性を重視しする方針のもと外国の現代作家の紹介に力を入れている。4,500人もの現役アーティストが登録されたオンラインアーカイブは常時アーティストからの登録を受け付けている。

 

LAPADA (The Association of Art and Antiques Dealers)
英国のアート・アンティークディーラー協会のサイト。

___________________________________________

美術館&ギャラリー
現代アートが観れるロンドンの主な美術館とギャラリーへのリンク集です。ギャラリーへのリンクはスペースのなかのエリア別ギャラリー・インデックスにも載せてますのでご利用ください。(英語サイト)
 
美術館&メジャー展示会場 (アルファベット順)
 
Artangel (アートエンジェル)
Barbican Centre (バービカン・センター)
British Museum (大英博物館)
Camden Arts Centre (カムデン・アーツ・センター)
Courtauld Gallery (コートールド美術館)
Design Museum (デザイン・ミュージアム)
Estorick Collection of Modern Italian Art (エストリック・コレクション)
Hayward Gallery (ヘイワード・ギャラリー)

ICA - Institute of Contemporary Arts (アイ・シー・エー)

Jerwood Gallery (ジャーウッド・ギャラリー)

National Gallery, London (ロンドン・ナショナル・ギャラリー)

National Portrait Gallery (ナショナル・ポートレート・ギャラリー)
Photographer's Gallery (フォトグラファーズ・ギャラリー)
Royal Academy of Arts (ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)
Saatchi Gallery (サーチ・ギャラリー)
Serpentine Gallery (サーペンタイン・ギャラリー)
Sir John Soane's Museum (サー・ジョン・ソーンズ・ミュージアム)
South London Gallery (サウス・ロンドン・ギャラリー)
Tate Britain (テート・ブリテン)
Tate Modern (テート・モダン)
Victoria & Albert Museum (ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム)
Wallace Collection (ウォレス・コレクション)
Whitechapel Art Gallery (ホワイトチャペル・アート・ギャラリー)
 
商業ギャラリー&オールタナティブ・スペース (アルファベット順)
 
Albion (アルビオン)
Andrew Mummery Gallery (アンドリュー・マメリー・ギャラリー)
ANNELY JUDA FINE ART (アネリー・ジュダ・ファイン・アート)
Anthony Reynolds Gallery (アンソニー・レノルズ・ギャラリー)
Alison Jacques Gallery (アリソン・ジャック・ギャラリー)
APT Gallery (APTギャラリー)
Beaconsfield (ビーコンズフィールド)
Bernard Jacobson Gallery (ブルームバーグ・スペース)
Bloomberg Space (ブルームバーグ・スペース)
Cafe Gallery Projects (カフェ・ギャラリー・プロジェクツ)
Centre of Attention (センター・オブ・アテンション)
Chisenhale Gallery (チセンヘイル・ギャラリー)
Corvi-Mora (コーヴィ・モーラ)
Cubitt (キュビット)
Crafts Council Gallery (クラフツ・カウンシル)

Danielle Arnaud Contemporay Art (ダニエル・アーノード・コンテンポラリー・アート)

David Risley Gallery (デイヴィッド・リズリー・ギャラリー)

Domo Baal (ドモ・バール)

Elastic Residence (エラスティック・レジデンス)
FA Projects (FA プロジェクツ)
Flaca (フラカ)
Flowers East (フラワーズ・イースト)
Fordham (フォーダム)
Fred (フレッド)
Frith Street Gallery (フリス・ストリート・ギャラリー)

Gagosian Gallery (ガゴジアン・ギャラリー)

Gasworks (ガスワークス)
Gimpel Fils (ジンペル・フィルズ)
Greengrassi (グリーングラッシ)

Hales Gallery (ヘイルス・ギャラリー)

Haunch of Venison (ホーンチ・オブ・ヴェニソン)

Hauser & Wirth (ハウザー&ワース)

Holdsworth (ホールズワース)

Hollybush (ホーリーブッシュ)

Hotel (ホテル)

The Hospital (ザ・ホスピタル)

IBID Projects (アイビッド)

Jeffrey Charles Henry Peacock (ヘンリー・ピーコック・ギャラリー)

Kate MacGarry (ケイト・マックギャリー)
Lisson Gallery (リッソン・ギャラリー)
Marlborough Fine Art (マルボロ・ファイン・アート)
Madder139(マダー139)
Modern Art (モダン・アート)
Museum 52 (ミュージアム52)
One in the Other (ワン・イン・ジ・アザー)
The Nunnery (ザ・ナネリー)
Paul Stolper (ポール・ストルパー)
Peer (ピアー)
Photofusion (フォトフュージョン)
Pump House Gallery (パンプ・ハウス・ギャラリー)
Rocket (ロケット)
Riflemaker (ライフルメイカー)
Ritter/Zamet (リッター/ザメット)
Rokeby (ロークビー)
Sadie Coles HQ (セイディー・コールズ HQ)
Scout Gallery (スカウト・ギャラリー)
Shillam+Smith (シーラム+スミス)
Sketch (スケッチ)
Spruth Magers Lee (スプルース・マーガーズ・リー)
Stephen Friedman Gallery (スティーヴン・フリードマン・ギャラリー)
Standpoint (スタンドポイント)
Store (ストア)

The Showroom (ザ・ショールーム)

Temporarycontemporary (テンポラリーコンテンポラリー)
Thomas Dane (トーマス・デイン)
Timothy Taylor Gallery (ティモシー・テイラー・ギャラリー)
Transition (トランジション)
Union Gallery (ユニオン・ギャラリー)
Vertigo (ヴァーティゴー)
Victoria Miro Gallery (ヴィクトリア・ミロ・ギャラリー)
Vilma Gold (ヴィルマ・ゴールド)
Waddington Gallery (ワディントン・ギャラリー)
White Cube (ホワイト・キューブ)
Wilkinson Gallery (ウィルキンソン・ギャラリー)

Posté par shinkw02 à 20:02 - - Commentaires [0] - Permalien [#]

08 février 2007

some cluster

next  textback

CIMG0004
CIMG0035_1CIMG0005

Transmission, 2007 | trois tapis, lamp fluorecente, image photographiée
dans une chambre des hypopotames / dimention de tapi 70 cm x 150 cm


next  textback

Bowerbird_Cimg3057
Bowerbird_Cimg3058Bowerbird_Cimg3063

some aglomera, 2007 | divers medium, strows, chopsticks/
spere infulence: around half to 1 øm

next   textback

Cimg2773
Cimg2772Cimg2774

Télégram, 2007 | verre, bois, snus / 10 øcm x 14 cm


next textback

00CIMG6159a
00CIMG6158e00a001_PLAN_COUR_new200CIMG6159b

cafétériat, en cour 2007- | boit, PVC, inox,  / 20m x 15m x 4m


next  textback

Cimg3005
pont_neuf_img040605_1633oeuf_CIMG0857pavee_9837_1_

(+ 0°), 2002 | platre / 64 cm x 85 cm x 42 cm


next textback

img050521_1537
img050521_153366b8128256113_small

cluster, 2004 | duplicatats/ platre/ 50 cm x 50 cm x 40 cm


next  textback

pi_94
pi_41pi_5

cluster, 2003 | duplicatats/ cire, aluminium, platre/ 7 cm x 2 cm


next  textback

bloc_coffre22
bloc_coffre32bloc_coffre07bloc_coffre29

Composition, 2007 | image syntèse 3D incrusté dans le situation de transport,
(maquete) bois, beton 15 cm x 26 cm

next textback

electra_kitsune_05
electra_kitsune_12electra_kitsune_15electra_kitsune_01

Mariage de Renard, 2007- | performance /
1000 cm x 200 cm

next textback

CIMG1125
bloken_glass__20bbloken_glass__09bloken_glass__16

broken glass/ abolir le hazard ça fait sortir
le nouvau hazard qui fait plus chier 2007 |
image syntèse 3D, étude d'hazard 130 cm x 150 cm
/ sphère d'infulence auteur 5
øm

next textback

CIMG1348
CIMG1347CIMG1346

no titre, 2007 | macadame desincrusté par le sol sur le
croisement de la rue Cardinal Lemoine et Bd St Germain/
étude redy-used/ 250 cm x  150 cm x 5 cm

next  textback

Cimg0071
Cimg0074Cimg0066

concrete bloc, 2007 | béton moulé, palette / 110 cm x 220 cm


next  textback

Posté par shinkw02 à 00:20 - Commentaires [0] - Permalien [#]